TOP

佐野日本大学高等学校

建学の精神

日本大学の目的および使命

日本大学は 日本精神にもとづき
道統をたつとび 憲章にしたがい
自主創造の気風をやしない
文化の進展をはかり
世界の平和と人類の福祉とに
寄与することを目的とする

日本大学は 広く知識を世界にもとめて
深遠な学術を研究し
心身ともに健全な文化人を
育成することを使命とする

佐野日本大学学園「建学の精神」

佐野日本大学学園は、
日本文化を基調として世界の文化を探求し、
もって人類の平和と福祉に寄与する。

教育理念及び校訓と教育目標

教育理念

教育基本法をはじめ、学校教育法ならびに同施行規則に則り、且つ、
日本大学の目的および使命を尊重し、心身共に健康で国家社会の発展に
貢献できる人を養成する。

校 訓

「自主創造」 

変わりゆく次代をとらえ、自らの力を伸ばしてゆく。そのためには、まず今の自分を知り、これからの自分としっかり向き合うことが必要です。高校時代は、自らの力と個性を見極め、将来を描く大切な3年間。自分の夢にふさわしい力を創り上げていく、その一歩一歩は自信となり、次の可能性をかなえる原動力となるはずです。変わりゆく次代をとらえ、自らの力を伸ばしてゆく。そのためには、まず今の自分を知り、これからの自分としっかり向き合うことが必要です。高校時代は、自らの力と個性を見極め、将来を描く大切な3年間。自分の夢にふさわしい力を創り上げていく、その一歩一歩は自信となり、次の可能性をかなえる原動力となるはずです。

「文武両道」

高校時代の3年間は、心身ともに大きく育つ時期です。勉強はもちろん部活動や行事など多くの体験が、豊かな人間性を育ててくれます。有意義な高校生活をかなえるためには、勉学に励み、心とからだを鍛えることが大切です。今しかできないことに夢中になれる、その情熱が人間を大きく成長させてくれます。

「師弟同行」 

教師と生徒の人間的なふれあいを大切に、生徒が主体性をもって取り組むことのできる環境を大切にしています。時には厳しく、そして優しく、授業や部活、行事など、さまざまな教師との交流を通して生まれる信頼。すばらしい出会いは、いつも力強い支えとなり、将来における励みとなることでしょう。

教育目標

健康の保持増進と安全教育
学力の向上
品位の高揚

校 歌

沿 革

昭和39年5月佐野日本大学高等学校創立
鈴木達三 初代理事長に就任、東季彦 初代高等学校長に就任
昭和40年4月金子蒔 第2代高等学校長に就任
昭和42年4月加藤七蔵 第3代高等学校長に就任
昭和48年11月創立10周年記念式典
昭和49年12月関塚茂七 第2代理事長に就任
昭和53年11月創立15周年式典
昭和57年9月寺内治男 第4代高等学校長に就任
昭和57年10月加藤七蔵 第3代理事長に就任
昭和60年6月小林茂三郎 第4代理事長に就任
昭和63年4月佐野日本大学中学校開校
寺内治男 初代中学校長に就任
昭和63年5月創立25周年記念式典
平成2年4月佐野女子短期大学開校
平成3年6月池田健次 第5代理事長に就任
平成5年11月創立30周年記念式典
平成7年4月池田健次 学園長に就任
平成10年4月浦田獎 第5代高等学校長、2代中学校長に就任
平成12年4月水口好夫 第3代中学校長に就任
平成14年4月佐野短期大学に校名変更
平成16年10月創立40周年記念式典
平成18年4月文部科学省よりSSHに指定される
平成19年10月中学校創立20周年式典
浦田獎 第6代理事長に就任
平成20年4月水口好夫 第6代高等学校長に就任
倉持勇 第4代中学校長に就任
平成20年11月倉持勇 第7代高等学校長に就任
平成21年4月小林正弘 第5代中学校長に就任
平成22年3月中学校閉校
平成22年4月佐野日本大学中等教育学校開校
小林正弘 初代中等教育学校長に就任
平成23年12月山口 理 第8代高等学校長に就任
平成24年9月池田健次 名誉学園長に就任
浦田獎 学園長に就任
平成26年10月創立50周年記念式典
平成27年4月小林正弘 中等教育学校名誉校長に就任
渡邊明男 第2代中等教育学校長に就任
平成29年4月渡邊明男 第9代高等学校長に就任
小倉宏明 第3代中等教育学校長に就任
令和元年4月長谷川弘 第7代理事長に就任
令和2年4月舩渡川重幸 第4代中等教育学校長に就任